SHöWBLOG

July 2020

あるボランティア先で

担当学年が変わり

ひらがなの音と形が一致しない

児童に出会いました。

そのために、机にひらがなやカタカナの表が

おいてあり

先生が一つ一つ

例えば「あ」と言いながら

表の「あ」を指して文字を書いてもらうと

いうように支援をしていました。


image0 (2)
ひらがなの表の一部(イメージ)


私も同じように支援をしていたのですが

伝え方が下手なのか

隣の文字(上の画像でいえば、

「あ」を書いてほしいのに

「か」を書いてしまうなど)を

書いてしまうことが多く

せっかく書いた文字を消させてしまうのも

申し訳なかったので

何とかならないか考えてみました。


そこで

たまたま準備で余った画用紙を使って


image1 (1)

こんなものを作ってみました。

これを


image2

こんな風にして使うと

とてもスムーズでした

その児童もとても気に入ってくれて

好きな絵を書いていました(笑)

担任の先生も褒めてくださり

一ついい経験ができました。



今、課題で指導案を書いています。

が、苦手すぎて

授業の流れはすぐに思い浮かんでも

それを文字に起こしたり

教材観、指導観を書いたり

することはとても難しいです

ボランティアへ行っていることもあって

児童観は割とすぐにかけるのですが…


教育実習の時の

研究授業でも指導案を書きましたが

あまりの出来に

指導教官の先生に

かなり手直しをしていただきました


きっと、採用試験に合格したら

初任者研修などで

たくさん指導案を書くことに

なると思うので

頑張っていきたいと思います




私は運動そのものは好きですが

苦手です

こういうのを

下手の横好きっていうのかな


なかでも球技は

ボールに対しての恐怖心があり

特に苦手です

ボールに対して恐怖心がなかったのは

不登校児童が登校復帰して

キャッチボールを2人でした時に

初めてしっかりキャッチできた時くらいです。


何とかしなくてはいけないなと思い

現場の先生方に教えて頂いたりしてきました。


今日は、友達が教えてくれました。

キャッチボールでは

捕り方のコツを教えてくれたり

投げ方を教えてくれたりしたおかげで

以前より

少しだけ恐怖心が薄れました


この調子で頑張りたいと

思います。

それから

こうして教えてくれる友達がいることに

感謝の気持ちを忘れないようにします。




採用試験などには

一切関係ないのですが

閲覧数が1000を超えました


カテゴリの小学校と

読者登録者数の

ランキングにも載るようになりました

そんなに上位ではないですが

720のブログがある中

ランキングにまで載るようになって

とても嬉しいです。

いつも覗いてくださっている皆さん

本当にありがとうございます。

これからも

よろしくお願いします



やっとこの前

2次試験の面接カードを

書き終えました


大学の先生に何度も

訂正をしていただきながら

ついに原稿ができました。

が、

清書では

最後の方で字を書き間違えたり

画数が多くて字がつぶれてしまったりで

結局

10枚くらいは

書いたと思います。

おかげで

手がかなり疲れてしまいました笑


清書ができたと思ったら

今度は封筒づくりに

1時間以上もかかり

手はもう限界でした


でも、あとは

2次試験に向けて

頑張るのみなので

最後までしっかり頑張りたいと思います




採用試験の1次試験が落ち着いたので

ブログを再開します


小学校も休んでいたのですが

最近久しぶりに会うと

先生方も子どもたちも

喜んでくれて

とても嬉しく居場所を感じられました


子どもたちの中には

私が学校を休んでいることに

気づいていた子もいたそうで

「寂しかった」

と言ってくれました

しかもその子は緘黙の子!

最近よく話すし、成長してるのかな?


また別の子は

突然「ありがとう」と言ってくれて

何のことだろう?と思い

聞いてみると

「よくわからないけど

そこにいてくれてありがとう」と。

存在するだけで感謝してもらえるなんて

何かうれしいですね。


次は2次試験があるので

まだ油断はできないですが

子どもたちや周りの人たちにに元気をもらいながら

頑張っていこうと思います



このページのトップヘ